Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter

マーケティングに第三者データを最大限に活用する方法

欧州の一般データ保護規則(GDPR)が成立したとおり、企業にとって個人データの保護は重要な課題となっています。調査会社イーマーケター(英語資料)によると、世界中のマーケター5人のうち4人が、採用したテクノロジーベンダーが問題なくこの欧州のGDPR規則に従っているのか不安を抱いていることが分かりました。

ユーザーとのエンゲージメントに焦点を当てたマーケティングで成功するにはデータが欠かせません。カスタマージャーニーがより複雑になるにつれ、自社の保有するデータだけで効果的なキャンペーンを達成するの困難です。ユーザーごとにパーソナライズしたオファーを提示することで精度の高いターゲティングとターゲットと類似のオーディエンス層を発掘するため、第三者データは必須の要素と言えます。 実際に第三者データを効果的に活用できれば、キャンペーン成果に多大な影響をもたらすことができ、一足先に商機を掴むことが出来ます。

このブログでは、第三者データの価値を最大化する4つの方法をご紹介します

1. 顧客の他の興味関心を発掘しシェアを拡大

 自社のウェブサイト、アプリ、他のオウンドチャネルでのユーザー行動は、自社で収集した1次データで把握できます。性別、年齢やユーザーが保有するデバイスの位置などの基本的なユーザーの属性データ以外、個人の購入パターンや興味関心を把握できます。これら全て、キャンペーンのターゲティングを決める際に役立つ情報です。

さて、自社のチャネルの範囲外のユーザー行動はどのように収集すればいいでしょうか?ユーザーの他の興味関心は把握していますか?他社のサイトで興味を示した情報や商品の中に、自社が提供できるサービスや新商品はありませんか?こうした状況のときに第三者データが役立ちます。

自社の1次データと第三者データを整理し、人口知能 (AI) 搭載のツールを活用することで、自社以外のサイトでの顧客の関心についてさらに学び、理想的なオーディエンスをより厳密に特定することができます。

2. クロスデバイスのジャーニーを単一の画面でマッピング

顧客の興味関心を特定は課題の一つであり、マーケティングファネルのどの段階でユーザーにエンゲージメントキャンペーンを実施するかについても吟味が必要です。消費者の多くが複数デバイスを保有し、ウェブサイトを閲覧しているため、カスタマジャーニーがより複雑になっていることは事実です。ユーザーは様々なサイトやアプリ、複数のデバイスに渡って商品を探します。

第三者データおよび1次データを統一することで、包括的なカスタマジャーニーを構成することができ、単一のカスタマビューで自社のチャネル外のユーザー行動を把握することができます。この情報によりユーザーの購買意欲、購入する時間やサイトを予測することができます。 マーケターは、ユーザーが 購入する可能性が高いタイミングで関連性のあるエンゲージメントキャンペーンを実施することでマーケティングの効率性を改善できます。

3. 初めてサイトを訪問する新規ユーザーにパーソナライズされたお勧め商品を紹介

ユーザーが初めて自社のサイトを訪問した場合、どの商品を推奨するべきでしょうか? 一般的なウェブサイトコンテンツや関連性がない商品を勧めてしまうとユーザーは興味を失ってしまいます。この場合、第三者データを活用すれば、AIにより検出された外部サイトのユーザー行動を把握することで、ユーザーの将来の購入行動を予測できます。

例えば、新規ユーザーが自社のアパレル小売のサイトに訪れる前に、このユーザが過去数週間他社のサイトでフォーマルなドレスやバックを閲覧したことが分かれば、この会社はユーザーにとって初めて自社サイトを訪問した場合でも、似た商品をユーザーに勧めることができます。または、ユーザーが既に閲覧していた服装に合いそうなアクセサリーやハイヒールを薦めることができます。

4. ルックアライクに基づいて顧客ベースを拡大

新規顧客の獲得は、マーケターにとって重要な課題の1つです。第三者データをもとに、既存の顧客に似た、新規の見込みのあるユーザーを発掘することができます。

AIのルックアライク機能(ターゲットと類似のオーデイエンスセグメントを予想する機能)で1次データと3次データ両方を分析し、既存顧客と似たアトリビューションのあるオーディエンスセグメントを検出します。自社の価値の高いユーザーのアトリビューションと最も近いオーディエンスからAIが順位付けをします。 これらのインサイトをもとに、関連性のあるキャンペーンを実施すれば、コンバージョン率が高いセグメントにターゲットすることができます。

自社で収集したデータと第三者データを正しく結合できれば、従来よりも効果的なキャンペーンが実施できます。自社サイト以外でのユーザーの行動データを収集することで、ユーザーについてより深く理解することができるほか、さらに新規ユーザーを発掘するこができるため、他社との差別化のみならずビジネスの成長につなげることが可能です。

Appierの AI ソリューションについて詳しくは、こちらからお問合せください。

WE CAN HELP

Letus know how we can help improve your marketing strategy

YOU MIGHT ALSO LIKE

動画配信サービスの視聴者を呼び戻すにはAIが有効

世界の動画配信市場は、2020 年から 2027 年までの年率 20.4%で成長し、2027 年までに 1,843 億米ドルの価値を持つと予測されています(英語資料)。Netflix は全世界で 1 億 6,700 万人の有料配信加入者を擁するこの分野のリーダーですが(英語資料)、Hulu、Amazon Prime、Disney Plus などとの競争が激化しているため、市場シェアは 2007 年の 91%から昨年はわずか 19%にまで大幅に低下しています。 各国・地域の配信サービスも視聴者と加入者がさらに飛躍的に増えています。中国の配信サービス「iQiyi」は2019年に1億人の加入者を突破し(英語資料)、中国の動画共有・ライブ配信プラットフォーム「TikTok」は昨年の時点で15億回以上の総ダウンロード数を記録し(英語資料)、世界的な現象となっています。これは視聴者が平均して1日に8回アプリを開いている計算になります(英語資料)。 この分野が今後も成長を続けることは間違いありません。そして、発展途上国での高速インターネットアクセスの増加とソーシャルメディアの利用に加えて、ブロックチェーンや人工知能(AI)などの先進技術がこの成長を後押ししています(英語資料)。 しかし、400以上のサブスクリプション型のビデオ・オン・デマンドサービス(英語資料)が世界の11億人の視聴者にサービスを提供する(英語資料)一方で、パブリッシャーや動画配信サービス事業者は、視聴者を維持する方法を日々考えています。 視聴者が配信プラットフォームから離れていく理由 視聴者の離脱と維持は、動画配信

VIEW >

商品販売キャンペーンの成功を導くAI主導のオーディエンスセグメント作成

商品発売キャンペーンとは、顧客が共感できるメッセージを作成し、商品購入を促進させることが最終的な目標です。 これを成功させるには、的確なオーディエンスを見定め、顧客の興味関心を理解をする必要があります。 人工知能(AI)を活用すれば、これら情報の詳細を分析し効果的なオーディエンスを作成できるので、潜在顧客にターゲティングすることができます。 現代のデジタル時代の顧客は、多くの広告やキャンペーンのメッセージで圧倒されています。 事実上、1ユーザーが1日に目にするブランド、広告および商品は、オンラインとオフライン合わせて、1,000以上に及ぶと推測されています。そのため、新たに販売促進したい商品との差別化のハードルがかなり高く、顧客の注目を引くには、的確なオーディエンスをターゲットとして、タイミング良く、顧客に響くメッセージを適切なチャネルで配信する必要があります。これまで行われてきた市場調査は大量な時間を費やすだけでなく遂行さえも困難で、ターゲットオーディエンスの多様性が考慮されていないケースが多いです。類似商品を購入したとしても、各顧客それぞれ異なります。 特定のセグメントを深く調査する 上記のような一般的な方法で顧客の違いを見極め、オーディエンスをセグメント化したとしても最良な方法とは言えません。そこで、AI技術が搭載されたツールを採用することで、より細かい分析をAI が実行し、マーケターの人的作業負担も軽減されます。AIは、自社の商品に興味を示した顧客が他社サイトで閲覧したものや閲覧行動のパターンを分析して、顧客が自社サイトやアプリと別に閲覧した商品を把握し、そのデータに基づき顧客の興味関心を順位付け、人気商品や個人の好みに合った商品に顧客をマッピングします。 例えば、テクノロジーを商材とする会社がスマートホームに設置する新デバイス発売する場合、AI を活用して、自社サイトやアプリで関連する商品を閲覧したセグメントを検出、また自社サイトにたどり着く前、他のサイト上でのみ興味を示した場合でも、その関心度に基づいてランキング付けしマッピングすることも可能です。さらに、スマートホームデバイスの他のどのブランドに興味を示したかなど、より深く調査します。また、このデータで競合相手を特定し他社の行動をより理解できる他、他社とのコラボレーションも可能になります。 顧客が示す興味関心は、同じように見えても実は異なる AI搭載ツールによって、様々なオーディエンスセグメントの比較ができ、共通点や相違点を簡単に検出できます。 例えばoutdoorgear.com とsportsbuy.comの顧客は、両方 「アウトドア」 と「スポーツ」に関する事に興味をもっているでしょう。しかし、 「アウトドア」に興味がある顧客は「キャンプ」または「ロッククライミング」にも興味があり、一方で「スポーツ」に興味がある顧客はスポーツウェアやストリートファッションだけに興味がある可能性があります。このような情報が分かれば、高い精度のターゲティングが実現しより効果的なキャンペーンを展開することができます。AI が生成したセグメントから必要なインサイトを把握すれば、その情報を自社のCRMプラットフォームにアップロードし、質の高いユーザーにパーソナライズされたキャンペーンメッセージを配信できます。 オーディエンスが貴社のキャンペーンメッセージに共感すればするほど、多数あるブランドの中から貴社の商品が選ばれるチャンスが高まり、貴社のサイトやアプリの訪問と購入につながる可能性も向上します。 * Appier のAI 搭載のデータサイエンスプラットフォームAIXON(アイソン)に関する詳しい情報はこちらから。ご質問があれば、お気軽にお問合せフォームよりご連絡ください。

VIEW >
イメージ画像 - AIが企業の焦点に

AIが企業の焦点に

人工知能(以下AI)は、かつては不可能と思われていた多くの場面で確固たる役割を果たすようになりました。AIは、私たちの日常生活のさまざまな場面で広く活用されており、人々の興味や期待は高まるばかりです。期待の高まりは消費者のみならず企業にも波及し、企業はビジネスの課題をAIによって解決する方法を模索し始めています。 消費者向けのAIアプリケーションのほとんどは生活の利便性を高めるために設計されており、魅力的なものが多数あります。Siri、Alexa、Google Now、Cortanaなどのアプリケーションや機器は、天気のチェックや、オフィスまでの最適なルートや希望通りのレストランの発見など、私たちの日々の生活を楽にしてくれるものばかりです。一方、世界中の多くの街で、自動運転車、タクシー、バスにAIを導入するための試行錯誤が繰り返されています。特に都市部では、AIによる交通手段が確立されれば、人々はより安全に、よりストレスなく移動できるようになるでしょう。 消費者がAIアプリケーションを生活に役立つものとして認識しているのと同様に、企業もAIを重要なツールとして認識し始めています。特に大量のデータを瞬時に、かつ正確に処理、分析する必要がある業務ではその評価が高まっています。例えば、オンラインのお客さまに対する最適なプロモーションの決定からサイバー脅威の特定まで、AIは企業の課題解決を支援しています。 企業向けAI導入の可能性 過去に多くの企業がAIを積極的に導入してこなかった理由として、高いコストや専門知識の欠如といった要因があったかもしれません。しかし、ムーアの法則によってコンピュータの処理能力やストレージ容量が加速し続けているように、その傾向は変わりつつあります。 金融サービス会社であるCowen and Company 社の調査によると、IT業界の大手企業の81%がAIに投資している、またはAIへの投資を検討していることが明らかになりました。同社の2017年の調査では、デジタルマーケティングおよびマーケティングの自動化、セールス・フォース・オートメーション(販売管理の自動化)、そしてデータ分析の3つの分野において最もAIが活用されていると分析しています。またGartnerは、2021年までに、サービスプロバイダーが採用する新しい企業アプリケーションの40%がAI技術を含むようになると予測しています。 なぜAIなのか? 学習能力は、AIを飛躍させる大きな要因になっています。1997年にIBMが開発したAIである「ディープ・ブルー」がガルリ・カスパロフ(Garry Kasparov)氏にチェスで勝利したのは驚異的なことでした。しかし、これはボード上で可能な動きすべてを人間よりも高速に計算するという、ある意味演算能力のみに依存するものでした。現在のAIは、リアルタイムでボード上の動きを分析して学習し、順応します。つまり、演算能力がこれまで以上に高いだけでなく、AIは人間の熟練したプレーヤーですら予測不可能な動きをするという、より驚異的な能力も持ち合わせているということです。それは、昨年AlphaGoがイ・セドル(Lee Seedol)氏に囲碁の対局で勝利したことで見事に実証され、数十年は実現しないという多くの専門家の予想をくつがえす偉業でした。 この学習能力と関連しているのが予測です。一連のデータと識別パターンを分析すると、AIは次に起こることを予測できるようになります。例えば一定期間顧客の購買行動をAIに分析させると、この顧客が次に購入するものを正確に予測することもできるようになります。 AIはどこへ向かうのか? AIによって次に何が起こるのか、それを確実に言い当てることは困難です。AIの可能性に懐疑的な人がいる一方でAIがもたらす恩恵に期待を膨らませている人もいます。いずれにしてもAIが今後、私たちの生活やビジネスに継続的な変革をもたらすということに疑問の余地はほとんどないでしょう。 編集部より:この記事はAppierのニュースレター第一号です。Appier編集部は、ニュースセンターにAI業界のインサイトに関する情報を掲載していきます。ニュースセンター内の情報を転載もしくはソーシャルメディアに掲載などされる場合には、press@appier.com までご連絡ください。

VIEW >