Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter

AIによる高性能ターゲティングで新商品発売を成功させる

新商品発売を成功させるにはターゲットオーディエンスを見極め、彼らの購入を促進する施策を展開することです。Appierは、人口知能(AI)を活用することで、既存の顧客の詳細を分析し、見込み客のコンバージョン率を上げることを提案します。これはターゲットのデモグラフィックデータに頼るよりも、効率が良いのです。

新商品の販促キャンペーンは、どんなに優れた会社やマーケターでもプレッシャーを感じるものです。与えられた予算内で完璧なマーケティングプランを実行し、高い投資利益率(ROI)の達成を求められます。新商品キャンペーンで重要なことは、ターゲットオーディエンスを見極めること。エンゲージメントがしやすい、新しい商品にも関心を持つであろう潜在的な顧客を発見することが大切です。

まず、自社の商品に興味を示す理想的なオーディエンスを探します。例えば、商品が高級なシェーバーであれば、オーディエンスを25-45歳の男性、かつ身なりにこだわる購買力の高いユーザー・グループに絞りこむことができます。ただし、このような従来型のアプローチは、このクループ内のどの顧客が実際に商品に興味を持ち、購入するか保証はできません。さらに、これらのオーディエンスのみをターゲットにした場合、事前に特定されたターゲット以外で、実際に購入する確率が高い顧客を見逃してしまう可能性があります。

正しいツールを使えば、これらの制限を克服することができ、顧客が購入した商品以外にどのような興味関心を持っているかなどを知ることでマーケティング企画の予算を効率的に使うことができます。また、収集したデータをもとに顧客がさらに共感できるキャンペーンメッセージを作成できます。

関心を持つオーディエンスからコンバージョンを予測する

AIを活用することで、自社のサイトと他社のサイトの両方で似たような商品や商品カテゴリを閲覧した消費者の行動データを分析できます。例えば、自社のオンラインショップが新しい女性用のスニーカーを発売する際に、AIを活用して、自社のウェブサイトとアプリから収集したデータと自社以外のウェブサイトから取得したデータを分析することができます。さらに最近サイトを訪問した顧客グループで、スニーカーやブーツ、フラットシューズなどの類似カテゴリを閲覧した顧客を検出できます。Appierのコンバージョン予測モデルを応用すると、顧客が新しいスニーカ-を購入する可能性やそのタイミングを予測できるだけなく、タブレット、パソコン、スマートフォンといった購入時のデバイスも予測できます。

自社サイトの外から潜在顧客を獲得する

自社の製品と似たような製品を閲覧したことのある、質の高いユーザーを特定する一方でAIは様々なオンラインサイトで買い物をする人たちの中から潜在顧客を特定することができます。さらにAIは、自社以外のサイトを利用する数多くの消費者の中からターゲットとなり得る人たちに対して、彼らの興味に合致したメッセージを配信することができます。例えば、最近靴を検索したり、ハイキング、旅行、ファッションといったキーワードで自社や他社のサイトを閲覧したこと人と限定するということです。条件を決めたら、AIは、オンラインユーザーの行動のモニタ結果から収集した情報を分析します。そしてプロファイルに合致しており、このキャンペーンに関心を示すであろう潜在顧客を特定します。

AIが抽出したインサイトを実施できるアクションに変える

的確な予測モデルや分析ツールを活用することで質の高い見込み客を特定したら、さらに詳細なオーディエンスセグメント分析を行います。この分析から得られるインサイトをCRMシステムに入力することで、より効果的なマーケティングメッセージやキャンペーンプランを作成することが可能です。結論として、精度高くオーディエンスを特定できれば、マーケターは、顧客とのエンゲージメントを高められ、新製品の売上を増加させ、高いROIを達成させることができるのです。

* AppierのAI搭載のデータサイエンスプラットフォームAIXON(アイソン)に関する詳しい情報は こちら から。ご質問があれば、お気軽に お問い合わせフォーム よりご連絡ください。

WE CAN HELP

Letus know how we can help improve your marketing strategy

YOU MIGHT ALSO LIKE

「アジアにおけるデジタル化の進展と今後」

AI(人工知能)テクノロジー企業の Appier(エイピア、以下 Appier、所在地:東京都港区、共同創業者/CEO:チハン・ユー)は、チーフAI サイエンティストであるミン・スンが、アジア地域におけるデジタル化の進行度について、以下の通り発表しました。 スマートシティ計画を進めているアジアのいくつかの都市では、AI 付き監視カメラを使用し、移動体の追跡や交通信号の最適化を始めています。これは様々な産業、企業や政府において、高度な AI とデータ技術の重要性が認識されてきたことが背景にあります。AI 搭載の多様な装置やソフトウェアの実装が始まっており、特に小売業界は他の業界よりもAI とデータ技術の実用化が進んでいます。 Forrester と Appier が実施した調査によると、アジア太平洋地域の小売企業の 56%が、AI 実装をすでに実施しているか、さらに拡大しています※。 小売は大小を問わず幅広い分野で、オンラインでもオフラインでも AI 技術を活用しています。例を挙げると、顔認証による支払いプロセスの合理化、オンラインとオフラインの統合した購買支援、AI による効果的な消費者のターゲッティングや、カスタマージャーニーにおける消費者と最も関連性の高いコンテンツの配信などが考えられ、現在ではそれらを実現するさまざまな技術やサービスの導入が可能です。 ※詳細は、『Appier、「アジア太平洋地域でのデジタル変革の促進における 人工知能の重要性:フォレスター調査」(APAC 版)を発表』より また、従来の AI

VIEW >

人間がAIより優れているのは創造力。AIが自力で創造力を持つ日は来るか?

技術が急速に進歩し、人工知能(AI)の可能性が急速に高まっているが、われわれが忘れてはいけないことは、AIを最も効果的に利用するには、まだ人間の力が必要である、ということだ。 AI技術が進化を続け、AIの能力は向上し、さまざまなところで自動化が進んでいる。こうした状況をみれば、多くの人たちがこれからの人間の役割はどこにあるのかと心配になることだろう。観念化したり新しいものを作ったりする能力が人間を他の動物と区別する特徴の一つだとすると、創造力はまさにその特徴に当てはまる。 「創造力」とは AIが創造的な行動を取れるようになるためのトレーニング例が多数ある。例えば、AIを使うことで自分が撮影した写真にアーティストが発見した芸術的なスタイルを取り入れることができる。こうした加工を可能にする「Prisma」のようなアプリは非常に人気を集めている。また、新しい画像や絵画の制作にAIを使うこともできる。最近では、AIプログラムで創作した絵画がオークションで、なんと43万2,500米ドルで落札された。 AI技術による取り組みをである「創造的行動」と人間の「創造力」とに区別することが重要である。人間が創造力の有無を判断する際、主観に大きく左右される。一方でAIは刺激やひらめきといった体験をできないため、創造力は持てないが、創造的行動というものを学習したり、人間の創造的プロセスを模倣したりすることで、新しいものを作り出すことができる。 AIは、大量のデータセットの処理、データ内のパターンや関連性の発見、明確な目標への最適化、予測などが得意だ。先に述べた絵画の場合、データセットは600年間に描かれた15,000点の絵画である。アルゴリズムを駆使してそれら絵画の特徴を模倣し、その学習に基づいて今回の絵画を創出したのだ。 絵画の事例以外の具体的な「創造的AI」の用途としては、エンターテインメント向け特殊効果の開発、チャットボットを使用した顧客サービスの提供、健康科学分野における新しいタンパク質や化学物質の設計などが挙げられる。 人間知能の役割 人間の知能(HI)は、美術品や文学などの創作や、事業立ち上げの機会を見いだすなどの問題解決に優れている。アートや説明文の作成にAIを使ったとしても、AIはすでに存在するものを模倣しているにすぎない。「新しい」スタイルの美術品や、ダンス、文学を創作するにはまだ時間がかかるだろう。つまり、AIは創造的プロセスの基礎となるパターンは学習できるが、ビジネスの立ち上げなど、一つひとつがユニークで滅多に同じ方法で行われることがないものについては、AIよりHIがはるかに勝っている。 そのため、たとえAIの能力が進歩しても、人間の役割が消滅することはない。AIが学習する事例を作り出すためには専門家の存在が必須であり、私たち人間はAIが目指す目標とパラメーターを提供する必要がある。最終的に「創造力」とはどういうものであるかを決定するのは人間なのである。 Appierでは、AIが洋服をデザインできるかを確かめるために、AIと創造的行動に関する実験を行った。私は先ごろ、シンガポールの技術開発組織であるSGInnovateが主催したイベントで「AIと創造力」というテーマで講演した際に、人間によるデザインとAIによるデザインを紹介した。イベントの参加者の何人かはAIによるデザインを人間が作ったものだと信じていた。これはAIとHIのどちらにも「創造力」があることを示す一例といえるだろう。 AIの能力と限界の把握 当面、技術が急速に進歩し、AIの可能性が高まったとしても、AIを最も効果的に利用するにはまだ人間の力が必要であることを忘れてはいけない。創造的プロセスにAIを導入しても、人間の役割が縮小されることも、AIに代替されることもない。むしろAIは、創造的プロセスを強化して、より素晴らしくより多様なコンテンツを生み出せるよう人間をサポートし、創造的な問題解決の選択肢を模索できるようにしてくれるだろう。 人間がAIを利用する際に最も重要な役割は、何を達成したいかを明確にすることだ。同時に私たちはAIの役割と限界を明確に理解し、AIが最高のパフォーマンスを発揮する上で必要なアセット(とりわけ、AIが分析と学習を行うための充実した良質なデータ)を提供しなければならない。 ※この記事はe27 (英語)に掲載されたものの抄訳です。 執筆者について チーフ AIサイエンティスト Appier Inc. ミン・スンはAppierのチーフAIサイエンティストとして7月9日に入社。Appier 入社以前は台湾の国立精華大学にて電子工学部の准教授を務めました。スンは、アンドリュー・エン氏、フェイフェイ・リー氏、シルビオ・サバリーズ氏を含む世界で最も影響力のあるAI研究者が推進するプロジェクトに携わりました。フェイフェイ・リー氏による革新的な画像データベースであるImageNetプロジェクト(2009)において、彼はクラウドソーシングによるアプローチを実施し、プロジェクトに貢献しました。さらにロボット・オペレーティング・システム(ROS)やマイクロソフトKinectの人間姿勢推定システムの研究の初期段階に携わりました。 スンは、2つの米国の商標を保有しています。2017年の夏にAppierが実施した、クリエイテイブAIに関する研究プロジェクトの責任者を務めました。このときに作成した研究論文は、権威あるAAAI2018に採択されました。 専門分野は、コンピュータビジョン、自然言語処理、深層学習、強化学習。三次元物体認識、人間の姿勢推定、環境認識、映像認識、文書要約についても研究を行っています。

VIEW >

「人工知能をめぐる神話と現実」

Appier(エイピア、所在地:東京都港区、共同創業者/CEO:チハン・ユー)のチーフ AIサイエンティストであるミン・スンが「人工知能をめぐる神話と現実」について以下の通り、発表しました。   人工知能をめぐる神話と現実 <神話その1> AIはすでに人間の能力を凌駕しており、私たち人間が意識決定を行うよりも、正しく決断ができる AIテクノロジーには、人類が持つ能力の多くがまだ欠けています。例えば、AIはまだ同情や共感能力を持っていませんし、ニュアンスを理解することはできません。AIは定型の作業を肩代わりすることで医師の時間を節約することは出来ます。 しかし医師は、依然として人間自身がデータを分析し、過去の経験や知識、事例などに基づいて正しい診断を行うのです。そして、それを患者が納得できる形で伝える必要があります。こうしたことは現在のAIには不可能です。   <神話その2> 現在のようなスピードでAIシステムの技術開発が進めば、間もなくAIとロボットが世界を支配するようになる 私たちは”人間のように行動するAIを必要としません。AIは膨大なデータを分析・処理するなど、人間があまり得意でないことを得意とします。よってAIは人間のチームメイトのようになるでしょう。感情・思いやり・創造性などを得意とする人間と、論理・規模・速度が得意なAIのツールやソリューションを組み合わせてベストのチームを作ればいいのです。人間の知能と人工知能(AI)が一緒になることで、人はAIの実装に不安を感じるのではなく、興奮を感じるはずです。AIのような新しい技術によって、製品やサービスが私たちのニーズに合わせてカスタマイズされ、日常的なタスクを自動化してくれるので、私たちは人間にとって重要なことにもっと時間を費やすことができます。   Appier チーフAIサイエンティスト MIN SUN(ミン・スン) 2018年7月の入社以来、1年が経ちました。ミン・スンの参画によりエイピアは、先端的な機械学習の技術開発を進めています。 データサイエンス機能の強化に、スンのディープラーニングの知見を活かし、データサイエンスプラットフォーム 「AIXON(アイソン)」を中心にソリューションを拡充し、非構造化データを活用して、ユーザー行動についてより深い洞察を得ることができるようになりました。 エイピアは、スンの機械学習の経験ならび人的ネットワークにより、最先端のディープラーニング機能を製品に反映しました。これにより、最高レベルのカスタマーエンゲージメントツールをお客様に提供できるようになりました。 ミン・スンは今後、既存の研究開発のみならず、より高次なAIシステムの開発にも注力します。エイピアは、企業の意思決定者やマーケターの業務を支援するより強いAIを提供していきます。   MIN SUN(ミン・スン)経歴

VIEW >