Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter

Eコマースの消費者行動データを把握する方法

アジア太平洋地域(APAC)でのEコマース事業は世界市場の約半分を占め*1、その他地域を上回る成長率で拡大し続けています。この急成長には主に2つの理由が考えられます。インドネシア、ベトナムやフィリピンなどの新興経済国のEコマースの利用者数の増加、中国など成熟した市場での売上の継続的な上昇です。

2021年までに、APAC市場のEコマース売上高が3.5兆米ドルにも及ぶと予想されており*2、その80%にあたる約2.7兆米ドルがモバイルデバイスを介して行われることが期待されています。企業にとってアジア太平洋地域は非常に魅力的な市場です。今後参入する企業のマーケターは、すでに進出し地域内で実績のある他社との競争のほか、グローバル企業の行動にも注意を払う必要があるでしょう。

Eコマース大手のAlibabaやAmazonのおかげで、商品の「検索」から「購入」までを追跡するためのデータが大量に存在します*3。ある調査によると、東南アジアでは独特な消費行動パターンがあることが分かりました*4。Eコマースサイト訪問数は週末がピークでも、実際に注文が入るのは平日の営業時間です。シンガポールの場合、注文数が最高となる時間は平日の午後10時です。これらのデータから分析すると消費者は時間に余裕がある時に検索し、購入は平日に完了させることが分かります。

消費者の購入行動やその他の消費者に関するデータは様々なところから収集できます。しかし、単にデータだけではなく、他社との競争に勝つためにはインサイトの入手が重要です。人口知能(AI)を活用して、どのようにセグメンテーションし、関連性のあるキャンペーンでターゲティングできるか考える必要があります。AIを搭載したソリューション利用すれば、最良なオーディエンスを検出し、どのような効果的なキャンペーンをプラン企画、そして適切なチャネルでタイミング良く効率的にキャンペーンを実施できるかなど、より容易に判断することが可能になります。

データから効率的なキャンペーンの作成

AppierのAI搭載のデーターサイエンスプラットフォームAIXON(アイソン)は、導入企業サイトと他社サイトなど、複数のチャネルから収集したデータを統合、クレンジング、分析し、導入企業のマーケティングに必要なインサイトを抽出します。分析済みのデータから、見込み客を選定し、ブランド認知度の向上などの目的を達成するための効率的なキャンペーンを企画、設計することができます。

AIはデータを学習した後、データから特定のパターンを発見します。経験豊富なマーケターでも見つけることができないような隠れたパターンを見つけ出すこともできます。コンバージョン率を上昇するために、AIはユーザーの興味・関心を把握し、他社サイトやチャネルでの行動データを収集し、分析します。マーケターはそこから抽出したインサイトをキャンペーンに活用できます。精度高くセグメントされたデータを使うことで企業は数多くのユーザーを自社サイトに誘導させ、サイト訪問から商品購入までのジャーニーを効率的に管理することが可能です。

その他、AI活用の有用性が示されるのはタイミング管理です。精度の高い顧客行動の予測が可能のため、ユーザーの購入意欲が高まった時点でタイミング良く的確なキャンペーンを実行することができます。

この方法は、リエンゲージメントにも有効です。AIは、ユーザーが別のサイトへ移動する寸前の行動を特定することができるので、リマーケティングのために、ユーザーのお気に入りの商品に適用できる割引を付与するなど、適切なキャンペーンを迅速に実施することが可能です。

AIを搭載したソリューションは、キャンペーン実行前に、キャンペーンの質を分析することができるため、他社との競争を勝ち抜かねばならないマーケターにとってはこの機能があるだけでも有利でしょう。その他AI搭載のソリューションを活用することで、ユーザーのレスポンス情報を使ってコンバージョンの予測ができます。こうした最先端のソリューションを導入すれば、潜在的な類似オーディエンスを検出、そしてコンバージョン数と投資利益率の改善を実現できるのです。

アジア太平洋諸国のオンライン小売事情をより詳しく解説した、Appier 最新ホワイトペーパー「オンライン小売が生き残るには? 人工知能(AI)を武器にオンライン上の 消費者行動を把握し的確にリーチする」です。日本国内のみならず、アジア各国などビジネスの海外進出をお考えの事業者の皆さま必見の最新資料です。お客様のビジネスにお役立てください!

英語資料引用:
*1 https://www.techinasia.com/talk/southeast-asia-ecommerce-potential/
*2 https://rakutenmarketing.com/en-uk/the-state-of-e-commerce-asia-pacific/
*3 http://www.lseemf.com/e-commerce-emerging-markets/
*4 https://www.techinasia.com/talk/southeast-asia-ecommerce-potential/

今すぐダウンロード!

WE CAN HELP

Letus know how we can help improve your marketing strategy

YOU MIGHT ALSO LIKE

アプリ使用開始時のわかりやすいガイドが、長期的なアプリエンゲージメントを可能にする

数多くのアプリがダウンロードされても、そのうち25%のアプリは一度しか利用されません。アプリ事業者にとってユーザーに長期的なアプリの使用を促すための施策は非常に重要です。 ユーザーがアプリをダウンロードする際の使用ガイドは、アプリユーザーとの関係のはじまりだけにとどまらず、長期的なエンゲージメントを構築するための重要なステップでもあります。大切な第一印象となるユーザーオリエンテーションを正しく行えば、長期的にユーザーを維持できる可能性が高まります。しかし間違ってしまうと、ユーザーを永遠に失う可能性があります。 本章では、長期的なユーザーエンゲージメントを可能にする、アプリ使用開始時のわかりやすいガイドについてご紹介します。 1.登録プロセスを簡素化する ユーザーは時間に敏感で、アプリ登録のために必要以上に時間をかけたくありません。 Googleやソーシャルメディアのアカウントで登録することでプロセスを簡素化できます。 2.チュートリアルを送信する 初めてのアプリダウンロードには戸惑いも伴います。そこで、チュートリアルがあればユーザーは助かります。 アプリのすべてを説明するのは時間がかかりすぎるため、主な機能を簡単に紹介するだけで、ユーザーはアプリ使用時に試行錯誤することなく、自ら探求できるよう誘導することができます。ユーザーがひとりですべてアプリ機能について学ばなければいけないとしたら、それだけで疲れてしまい、エンゲージメント前にアプリから離脱してしまうでしょう。 3.ユーザーのペルソナを把握し、高度にカスタマイズされたアプリ使用ガイドの実施 すべてのユーザーにアピールしようとすると、結果的に誰にもアピールできないということになりかねません。人工知能(AI)を活用して、ユーザーの行動パターンを分析し、セグメント化し、ユーザーのスタイルに合致した、パーソナライズされたアプリ使用ガイドを提供します。 たとえば、時間があまりないユーザーがあとで情報の一部を受取るというオプションを選択することができます。このようなサービスの選択を促すために、ログイン画面で時々リマインダーを設定することができます。 4.プッシュ通知とアプリ内メッセージを活用する AIはパーソナライズされたプッシュ通知とアプリ内メッセージの作成にも役立ちます。ユーザーの主な関心、行動、および動機を特定することで、ユーザーをさまざまなセグメントに分割し、この洞察を使用して、商品の推奨事項や最新のお知らせをアプリ内メッセージとして、もしくはタイムリーで関連性のあるプッシュ通知として提供できます。 5.期待以上のアプリに プッシュ通知とアプリ内メッセージは​​よく使用されるマーケティングツールではありますが、メールなどの他のチャネルも忘れてはいけません。ある調査では、電子メールマーケティングはソーシャルメディアよりもエンゲージメント率がはるかに高いことが示されています。 アプリ使用のヒントやリマインダーをメールで送信して、アプリのエンゲージメントを促進することができます。または、メールを使用してユーザーフィードバック用のアンケートを送信すると、アプリの設計を最適化し、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。 AIを使用してユーザーのさまざまなデバイスとのインタラクションを分析し、適切なデバイスに、たとえば朝の通勤中に使っているスマートフォン、夕方に自宅でタブレットを使用しているときなどの適切なタイミングで電子メールまたはプッシュ通知を配信することで、確実に顧客とのエンゲージメントを行うことができます。 6.インセンティブを提供する 初回の注文時に25%の割引クーポンや、セール開始前のお知らせを送ることでユーザーの関心を得ることができます。そしてユーザーは優良顧客となる可能性が高まります。 7.ユーザーの望みを叶える ユーザーがアプリをダウンロードする理由を知ることは、カスタマイズされたアプリ使用ガイドを提供する上で非常に重要です。事前にユーザのアプリ使用の目的を知っていれば(情報を見つけたり、製品の選択を閲覧したり、単に楽しんだりするため)、早い段階でユーザーの目的達成のための手助けをすることができます。そしてユーザーの満足が早い段階で得られれば、エンゲージメントのレベルは大幅に向上します。 たとえば、Clash Royaleというゲームでは、プレイヤーが早期に戦闘に参加することで勝てる確率が高まります。ゲームの仕組みがどのように機能するかを示せば、戦闘に勝ち、成功して再びプレイできるという自信が得られます。 8.許可を求める

VIEW >

AI ベーシック:
マーケティングにおける
自然言語処理の役割

Eコマースの利用者は目的のサイトにアクセスし、ざっとサイト内を見て回ったり、特定の商品の情報を検索する。もしもオンライン上の店舗が実店舗と同様に店員が買い物客とおしゃべりしたり、探している商品の売り場へと案内したりしてくれるアシスタントになってくれたら消費者はどのような印象を持つだろうか。自然言語処理(NLP)を使えば、そのようなスムーズで行き届いた顧客体験が可能になる。 NLPは人工知能(AI)の一分野であり、機械をトレーニングすることで人間の言語を理解して、解釈し、会話できるようになる。このトレーニングでは会話または声といったインプットが重要になる。昨今のNLPモデルは、深層学習アルゴリズムを活用することで「次に続く文の予測」に重点を置き、会話の途中であっても文脈を踏まえていくつか候補を挙げることができ、関連性や内容によってランク付けを行うことが可能だ。 当初、NLPは統計資料に基づくシンプルなモデルを使用して処理されていたため入力するデータはことなっても同様の結果になることがあった。しかし今日のモデルでは深層学習の活用によって、より複雑な方法でデータから情報を引き出し、かなり正確な結果を生み出すようになった。これにより、数多くの新しい用途に活用されるようになった。 NLP技術を搭載した顧客サービスロボットは、限られた分野の会話を理解し、顧客に適切な回答をする。会話に込められた「感情」を判断するセンチメント分析は会話の分析と満足度の測定に役立つ。NLPを使うことでマーケターは、顧客の会話やアクセスしたウェブページの分析し、顧客の考えや意図を理解できるようになる。 例えば、ある人がパリへの買い物旅行を計画している場合、NLP技術はその人がアクセスしたウェブページにおけるキーワードやトピックを分析し、「フランス 買い物」などと特定のカテゴリーに分類し、興味のキーワードとして「高級品」などを付ける。旅行サービス会社であれば、このような情報を利用し、自社のウェブサイトの内容を相手の興味に合わせることができ、コンバージョンや購入へとつながる可能性を高めることが可能だ。AIを活用すればこれらの施策を大規模かつ迅速にできるため、マーケターはリアルタイムでマーケティング戦略の考案が可能になる。

VIEW >
イメージ画像-AIとは何かその本質を理解する

AIとは何か、
その本質を理解する

現在、人工知能(AI)が大きな話題になっていますが、事実とは違った情報が飛び交っているのも事実です。高い処理性能に加え、巨大なストレージを利用できるようになったことで、自動運転車、音声アシスタント、チャットボットなど、AIを活用したデバイスやサービスが急増しています。 事実、世界的なIT企業の大手がAIに積極的に投資しており、寸暇を惜しんで自社のAIシステムを洗練させ、競合他社に対する競争優位性を確保しようと努めています。しかし、実際にAIとは何でしょう?企業に何をもたらすでしょうか? AIの現状 AIは、決して新しい技術ではなく、1940年代から開発が行われています。その結果として過去数十年間には、エキスパートシステムの開発につながり、特定の問題を解決する知識システムとして活用されてきました。 現代のAIシステムは、機械学習や豊富なデータを活用することで、人間の知能と似た方法で結論を導き出すといった飛躍を遂げています。強化学習法によってニューラルネットワークをトレーニングし、質の高いデータと組み合わせたモデルであれば、確実性の高い予測ができます。そして人間は、これらの予測をインサイトとして活用し、意思決定に利用することが可能になります。 機械学習の応用分野は、取り扱うデータのタイプによって区別されます。最も知られているものは、恐らく音声認識や画像認識でしょう。クラスター分析など、教師なし学習法による機械学習アルゴリズムは、膨大な量のデータを瞬時に処理し、潜在的なパターンやグループを見つけるために活用されています。 AIの誤解を解く ほとんどの技術と同様、AIにも誤解が存在します。恐らく最も一般的なものは、AIがすべての結果を完璧に予測できるというものです。洗練されたAIモデルは、非常に正確な予測ができますが、最終的には、神経回路モデルやデータに根付く、最も可能性の高い結果を「推測」する科学にすぎないのです。これは、AIが間違える可能性があるだけでなく、予測の正確性がソースデータの質に依存していることも意味しています。 また、AIがまるで自律的な技術のような話も聞かれます。しかしAIの運用は非常にインタラクティブなものであり、データサイエンティストによる定期的な調整が必要です。データの準備に補助的なシステムを使用することで、プロセスを容易にすることもできますが、AIを効果的に応用するためには、依然として人間からのインプットが必須です。実際のところ、一部の企業がAIを導入できない要因となっているのは、必要なデータを準備し、プロセスを管理できるテクニカルチームが不足しているためです。 さらに、コンピューティング処理能力が劇的に向上していることで、AIシステムが瞬間的に結果をもたらすという思い込みも生じています。しかし、人間が自転車に乗る方法やチェスを学ぶように、AIシステムも同様の学習経験を積む必要があります。AIシステムは、高速に、かつ24時間動作することが可能なだけで、フィードされたデータに応じて「学習」するための適切な時間が必要であることに変わりはありません。 AIにできること AIは、前述のように、ビジネスのあらゆる課題を解決するブラックボックスではありません。AIを効果的に応用するためには、必要なデータの取得、モデルのトレーニングと同時に、求められる結果を得るためにアウトプットを分析し、モデルを調整する反復プロセスなどといった体系的なステップを厳密に順守することが不可欠です。 それぞれの性能は別として、膨大なデータ量を処理できるAIに人間は太刀打ちできません。そのためAIは、データに関連した問題を解決するための有力な候補と言えます。たとえば、多くのマーケターが苦労している特有の問題として、複数のデバイスを交互に使用しているユーザーを追跡することの難しさがあります。AIシステムは、人間がためらっている間にも数十億のデバイスに関する情報を完璧に集約し、セールスファネル(潜在顧客が商品を購買し、さらには優良顧客になるまで絞り込まれていくプロセス)を通過するユーザーを正確に識別することができます。 またAIは、アドフラウド(広告詐欺)対策に利用する事ができます。アドフラウドを仕掛ける運用者は、ルールベースの従来システムを出し抜くような手段など、常に新しい戦略を練り、不正対策を綿密に調査、テストしています。たとえば、同一アプリのインストールがX回された場合、それを疑わしい行為としてフラグを立てると、悪意のある者は、その不正対策をすぐに察知し、クリックファームによるインストール回数をX-1と再設定するのです。 たとえデータを監視するために十分な人員を雇うことができても、数百、数千という異なるトラフィックソースからの膨大なデータを、しかもリアルタイムで監視することは、採算が合う対策とは言えません。しかし、AIを搭載したAppierのプラットフォームは、休むことなくデータを分析し、短期的および長期的な傾向を精査することで、疑わしい行為を特定することができます。 AIが約束するもの 結論として、AIから成果を引き出すには、企業が解決したい問題を明確にし、AIが具体的にどのような恩恵を企業にもたらすのか、その可能性を判断することから始まります。そして、その判断結果が「Yes」である場合、次のステップはAIモデルの構築に活用できる関連データを特定、照合することです。 AIは決して魔法ではありませんが、適切に導入・運用されれば、企業に計り知れない恩恵を約束します。AIは人間には処理の不可能なほどの膨大な量のデータの相関関係を理解し、分析することで、実行可能なインサイトを引き出します。これにより企業に最終的な収益に差をもたらすことが可能になるのです。 この記事に関するお問い合わせは、press@appier.comにお寄せください。

VIEW >