Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter

ディープラーニングで、高LTVのアプリユーザーを獲得

アプリのダウンロード数は増加し続ける一方、アプリからの離脱(英語資料)や、悪質ボットによる偽アトリビューション等のフラウド行為は、ROIを下げ、企業の成長を妨げているのが現状です。

そのためアプリのインストール数は、もはやマーケターが重視する利益率の指標とは言えません。一方で顧客のアプリ内課金や顧客生涯価値 (LTV) を重視する傾向が高くなっています。

App Annieの調査によると、世界のモバイルアプリのダウンロード数は2022年までには2,580億件になると予測されており、アプリ内課金は 約1,570億米ドルに達すると予測されています。(英語資料

アプリマーケターは、ユーザーがアプリをインストールして起動した瞬間から、プッシュ通知の受信同意、サブスクリプションの開始や購入などユーザーのアプリ内の行動を増やすようエンゲージメントを図ること、LTVの鍵であるリテンションの機会を向上させることが重要です。(英語資料

55%のマーケターによると、業務遂行において最大な課題は、ユーザーエンゲージメントとリテンションがであることが分かっています。(英語資料

さらに複雑なことに、不正アプリインストールやアプリ内の不正行為が2018年に劇的に上昇しており(英語資料)アプリマーケターは約190億米ドルもの代償を払っています。(英語資料

人工知能 (AI)は、価値のあるアプリユーザーの行動パターンや特性を把握し、新規を獲得するだけではなく、ユーザーとの関係性を維持するための戦略の策定にも役立ちます。また顧客のロイヤルティーを改善できるほか、不正な偽ユーザーを省くことができます。

ディープラーニングでキャンペーン改善

機械学習の1分野であるディープラーニングは、マーケターが価値のあるユーザーを見出し、そのユーザーの購入パターンを把握するための「武器」の一つです。ディープラーニングの進化は 人間の知能の機能と同様の考え方で作られていますが、コンピュータの能力、処理力のスピードに依存します。

人間によるデータ分析は個人の能力や経験に依存するので、10年の経験を有するマーケティングアナリストは、新卒者よりもオーディエンスのデータを迅速に深く理解できます。経験があるマーケターはすぐに有益なパターンと重視すべき異常行動と無視していい行動がわかります。

例えば、経験のあるマーケターであれば、18歳から25歳の男性のオーディエンスセグメントが、アプリを使って洋服を購入する可能性が最も高いのは午後であることに気づくことができます。このマーケターはその情報を活用し、そのアパレルの販促キャンペーンで当該セグメントにターゲティングを行うでしょう。

機械学習は、このアプローチをリアルタイムに、より大規模に、そして多次元での予測できます。

AIがある程度の作業を代替できるとしても完全に人間の手作業が不要になるということではありません。この技術を活用するにあたって、データの選定から入力までは人間でする必要があり、それは決して単純な作業ではありません。

AIを導入することで、18歳から25歳までの男性という情報だけではなく、そのセグメントのなかでもアルバイトをしている顧客が購入する可能性が高く、最も収益に繋がる購入者は購入前に商品を少なくとも2回オンライン上で閲覧したなど、他の情報が明確になります。

ディープラーニングは、AIが様々な内容の大量のデータを処理し、人間では思いつかない購入パターンも含め、精度の高い予測をします。例えば、その日の天気によって、どのスタイルの購入数が増えるか、朝の株式の変動は午後の消費パターンにどう影響するか、アパレルと並行で促進できるできる商品はどれか等を考慮した分析ができます。

例えば、Appier独自の方法でキャンペーンのパフォーマンスを改善するためにマーケティングファネルの一番最後のステージで最適化を行うことができます。このAIツールは、これまでに実施した類似キャンペーンのデータを活用し、その結果に基づいて予測をします。

これはオーディエンスについて深い理解や高LTVになりそうな顧客を特定するだけでなく、実施したキャンペーンが目標とするコンバージョンを達成できるかどうかも予測します。

ディープラーニングを活用したAppierの予測は、人間による予測よりも17%精度が高く、入札のトラフックを検討する際に欠かせないツールとなっています。

そして大きなメリットの一つは、ユーザー獲得キャンペーン時に過去のデータとLTVの高い顧客に関する総合的なデータに基づいて、価値のあるオーディエンスと類似した潜在顧客を発見できることです。また市場のダイナミックな変化を予測し、手遅れになる前にその変化に対応するのにも有効です。

このようにマーケターはディープラーニングを応用し、カスタマジャーニーをより的確に予測でき、包括的なマーケティングキャンペーンを実行できます。

ディープラーニングによって複雑なデータから理解しやすい顧客インサイトを見つけ出すことが可能です。そして優良ユーザーを獲得・維持し、広告詐欺を回避することでキャンペーンの最適化を支援します。

これにより、試行錯誤することなく効率よくコンバージョンを高めることで、全体的の収益性を向上させることが可能です。ぜひ次のキャンペーンにこの方法をご検討ください。

ディープラーニングを活用した、価値のあるユーザーの獲得、ユーザーとの最適な関係構築、ROIの向上について、詳しくは、Appierのウェブサイトからホワイトペーパー「質の高いアプリユーザー獲得を可能にする深層学習」をぜひダウンロードしてお読みください。

WE CAN HELP

Letus know how we can help improve your marketing strategy

YOU MIGHT ALSO LIKE

イメージ画像-AIは私たちの仕事をどう変えるか

AIは私たちの仕事をどう変えるか

私たちは、過去の3つの産業革命を通して歴史が繰り返されることを知っています。蒸気機関、電力、そして情報技術という、過去の産業革命をもたらした技術は、それぞれの時代に社会を一変させました。そしてその度に人々は、生活の質を向上させていき、まったく新しいライフスタイルに順応してきたのです。 AIやロボット工学というデジタル技術に支えられた第4次産業革命を迎えるにあたり、私たちは劇的な変化に対応するための準備をすべきではないでしょうか?AIは、「スーパーヒューマン」と呼べるような高い能力を持ち、24時間365日稼働し、人間よりも一貫性のある行動を取ることができます。すでに、大量の複雑なデータを素早く処理し、新しいインサイトを得るに十分な演算能力を含め、多様なAI技法が開発されています。現在、AIによって自動運転車やバーチャルアシスタントを制御できるようになっています。最新のスマートフォンには、瞬時に画像を認識し、テキストを翻訳するAI技術が搭載されています。 ビジネスに利用されるAIの一例として、Appier独自の「Aixon(アイソン)」プラットフォームにより、マーケターは、顧客関係管理(CRM)、ウェブサイト、モバイルアプリなどのデータを活用し、ビジネスの成長、顧客エンゲージメントの拡大、新しい収益源の獲得が可能になりました。 Appierは、すでにAIが十分な進化を遂げ、私たちの暮らしを便利にするための多様なタスクにAIが適応できる段階になっていると考えています。近い将来、私たちは、働きたいときだけ働けば良くなるかもしれません。私たちの働き方の変化について3つの側面からその可能性を考えました。 1. 働き方の進化 それぞれの産業革命が人々の生活に激変をもたらした一方、世界の所得水準と生活の質が全体的に向上したことも事実です。モバイル機器が私たちの働き方を変えたように、AIも従来の仕事に変革をもたらします。Appierは、AIによって人々の仕事の質や領域を高めるであろうと予想しています。たとえば、AIを活用すれば企業は顧客が本当に望んでいるものベストなタイミングで提供することにより、顧客体験の向上につながります。 AIは、私たちに代わって経理業務や保険契約書の処理など、反復的で時間の掛かる業務をこなしてくれるようになります。一方で、このような業務を担当してきた人々は、AIにはできない創造力を発揮できる仕事に従事できます。また、すべての人々にとって、仕事の量が大幅に減る一方で一人ひとりの生産性や仕事の質を高く評価される機会が増え、より多くの給料を得ることが可能になるかもしれません。 2. 多くの新しい雇用機会 これまでの産業革命の経験則に従うなら、人間は、AIのような、人間の作業を補完するような技術を活用して、新しい経済的な機会を作り出す事ができるでしょう。コンサルティング会社のCapgeminiの調査によると、AIは企業のイノベーションを刺激し、顧客関係を向上させるだけでなく、新しい雇用を生み出すと調査対象の80%が回答しています。現在、すでにAIシステムやデータサイエンスの経験者の需要が高まっています。こうした分野では、市場が成熟するにつれて細分化が進み、企業が求める能力も多様化してきます。将来的には、多くのAIプロフェッショナルが、自分はAIに関連したハードウェアの開発を専門にするのか、AIシステムのトレーニングを専門にするのか、キャプチャや分析が必要なデータの特定を専門にするのかなど、決断をすることになるでしょう。 3. AIエコシステムにおける人間の役割 AIと共存することが当たり前の社会では、人間の役割が今以上に高まることになるでしょう。AIの能力が最も発揮される機会を特定し、AIによるアクションやインサイトの有効性を見極め、その使い方を決断する人材が必要になるからです。今後は、企業のAI時代への変革やAI活用・管理のための戦略を策定し、牽引できる人材が求められるようになるでしょう。 今後の展望は? 今後、私たちの生活にとってAIが不可欠なものになるなら、AIと共存するための経済が生まれることは当然の流れです。企業は顧客に利益をもたらす新たな方法を、個人は次の産業革命において求められる新しいスキルを習得する方法を探す必要があるでしょう。また、AIが当たり前の時代における倫理、信頼、責任など、企業を取り巻く新たな問題に対応するため、企業統治や法的な枠組みを変えていくことを考えなければなりません。 長期的には、自己学習型チップや囲碁の世界チャンピオンを打ち負かした先代システムに、さらに勝利したAlphaGo ZeroといったAI研究における画期的な進展は、AIが今まで以上に万能になる可能性を示しています。同様に「Aixon」のようなAIプラットフォームに使用されている技術を他の多くの分野に転用することも可能です。Appierでは、今後訪れるであろう変化において、AIが人間に指針を与える存在になりえるだけではなくパートナーやガイドとして一緒に歩んでいく存在になるであろうと考えています。 編集部より:ニュースセンター内の情報を転載もしくはソーシャルメディアに掲載などされる場合には、press@appier.comまでご連絡ください。

VIEW >

動画配信サービスの視聴者を呼び戻すにはAIが有効

世界の動画配信市場は、2020 年から 2027 年までの年率 20.4%で成長し、2027 年までに 1,843 億米ドルの価値を持つと予測されています(英語資料)。Netflix は全世界で 1 億 6,700 万人の有料配信加入者を擁するこの分野のリーダーですが(英語資料)、Hulu、Amazon Prime、Disney Plus などとの競争が激化しているため、市場シェアは 2007 年の 91%から昨年はわずか 19%にまで大幅に低下しています。 各国・地域の配信サービスも視聴者と加入者がさらに飛躍的に増えています。中国の配信サービス「iQiyi」は2019年に1億人の加入者を突破し(英語資料)、中国の動画共有・ライブ配信プラットフォーム「TikTok」は昨年の時点で15億回以上の総ダウンロード数を記録し(英語資料)、世界的な現象となっています。これは視聴者が平均して1日に8回アプリを開いている計算になります(英語資料)。 この分野が今後も成長を続けることは間違いありません。そして、発展途上国での高速インターネットアクセスの増加とソーシャルメディアの利用に加えて、ブロックチェーンや人工知能(AI)などの先進技術がこの成長を後押ししています(英語資料)。 しかし、400以上のサブスクリプション型のビデオ・オン・デマンドサービス(英語資料)が世界の11億人の視聴者にサービスを提供する(英語資料)一方で、パブリッシャーや動画配信サービス事業者は、視聴者を維持する方法を日々考えています。 視聴者が配信プラットフォームから離れていく理由 視聴者の離脱と維持は、動画配信

VIEW >

金融サービス業界がAIの活用で、より顧客志向に

他の業界と同様、金融サービス業界においてもデジタル化が進んでおり、それを証明するように、アジア環太平洋地域のフィンテック市場は2020年までに720億米ドルにまで成長すると予測されています(英語資料)。 金融サービス業界で特に著しいのは顧客を優先するシステム構築の進展です。金融機関は申請書から取引まで多くのデータにアクセスできるので、さまざまなデータのタッチポイントから顧客データにアクセスし、顧客の関心と行動の全体像を作成することができます。これは、よりパーソナライズした体験を提供するという新しいマーケティングのトレンドと合致しています。 顧客は、常に自分のお金について十分な情報やアドバイスを受けたうえで意思決定をしたいと考えており、自分に関連性があり、信頼でき、アクセス可能な情報をタイムリーに受け取ることが鍵となります。現在入手可能なソリューションを活用することで金融サービス業界は、顧客の望むサポートを実現することが可能です。   1. アジアが世界の金融サービス業界をリード   世界の5大銀行はアジアにあり(英語資料)、新興アジア太平洋諸国の銀行市場は世界で最も急速に成長しています。市場において新しい技術や方法を積極的に取り入れる「アーリーアダプター」には中国やインドが含まれ、偽造紙幣による不信がキャッシュレス決済システムの普及を早めました(英語資料)。 日本やマレーシアなどの他の国では、政府や国の銀行政策の一部としてデジタル通貨による支払いが行われています(英語資料)。 15歳以上国民の35%未満しか銀行口座を持っていないフィリピンのような市場でも(英語資料)、デジタル変革の機が熟し、従来の金融機関を迂回し、デジタル金融サービスに市場を開放しています。 デジタル決済システムの普及により、従来の金融機関に加えてこの業界に新たに参入したソリューションベンダーは、顧客に関する前例のないデータを入手できます。 金融業界のマーケターにとっては、実用的な洞察、つまり見込みのあるクライアントを特定し、その行動を予測するためのデータのパターンを見つける能力があればビジネスを有利に運ぶことができるようになります。こうした状況では人工知能(AI)の出番です。すでにアジアの金融機関の30パーセント以上が、AIとチャットボットが今後12〜18か月で業界を形成する革新的なテクノロジーになると考えています(英語資料)。   2. AIを使って効率的に個人顧客を獲得する   金融機関が入手できるデータには顧客の金融取引とオンラインの閲覧情報の両方が含まれます。AIを活用したデータサイエンスプラットフォームを使用して、顧客の利用状況、過去のキャンペーン結果、過去のユーザーの行動などの履歴データを単一のアプリケーションに統合し、顧客のクロスデバイス上の行動のパターンを表示します。マーケティング担当者は、外部のウェブサイトからの追加データを活用して、AIを使用して顧客の外部サイトでの関心や正確にセグメンテーションをするための意図を発見し、予測するという方法でターゲティングすることができます。 さらに、高度なAIモデルは、複数のデバイスにわたる動作を追跡、統合、分析して、潜在的な顧客を特定するのに役立ちます。 起業家のウェビナーをチェックアウトしたユーザーを考えてみましょう。 その日遅く、彼は賃貸の商業用不動産を探しました。 データは、彼が中小企業のオーナーで金融機関の顧客となる見込みがあることを示しています。 キャンペーンの内容と、顧客の知識や興味のレベルを一致させることにより、マーケターの投資収益率も向上します。 購入サイクルの詳細な知識があれば、AIは顧客がどのレベルかを正確に特定し、適切なタイミングで適切なメッセージを配信できます。住宅ローンの申請のために複数の金融機関を調査している顧客は、金融機関からのローン関連のプッシュ通知を高く評価しますが、特定の保険商品を比較する顧客は、チャットボットと対話して詳細を確認し、申請する可能性が高くなります。 金融サービス部門におけるデジタル化の進展と技術プラットフォームを統合により、マーケターが取り扱うデータの範囲は広がりました。AIツールの予測機能を活用することでマーケターは顧客と見込み客を包括的に理解できるようになります。マーケターは、購入サイクルの適切な段階で適切な人々をターゲットに向けた適切なキャンペーンを展開できます。AI機能を組み合わせることにより、2021年までに2.1兆米ドルのビジネス価値をもたらすと見込まれています(英語資料)。 AIを活用すれば金融機関がデータを分析し、正確な予測を行い、より効果的なマーケティング戦略とキャンペーンの展開が可能になります。

VIEW >